衆院選2021
2021年11月05日 13時43分 JST | 更新 2022年01月05日 11時25分 JST

10代の投票率、前回の衆院選より高い水準。回復傾向に(結果一覧)

総務省が188の投票区を抽出して調査した速報値を公表した。

時事通信社
投票箱に投票用紙を入れる有権者=10月31日

10月31日に投開票された衆院選で、「戦後3番目の低さ」と報じられた投票率。

総務省のまとめによると、小選挙区の投票率は55.93%、比例代表は55.92%だった。前回2017年の衆院選は小選挙区、比例代表ともに53.68%で、小選挙区では2.25ポイント上昇した。

では、18歳、19歳の有権者の投票率はどうだったのか。 

総務省が公表した188投票区を抽出して調査した速報値によると、18歳の有権者の投票率は51.14%、19歳の有権者は35.04%で、前回衆院選よりいずれも高い水準となったことがわかった。

10代の投票率としてみると、43.01%だった。

前回衆院選では、18歳は47.87%、19歳は33.25%で、10代の投票率としては40.49%だった。

公職選挙法の改正で、2016年の参院選から18歳以上も投票が可能になり、この参院選では18歳が51.28%、19歳が42.30%だったが、2019年の参院選では18歳が35.62%、19歳が28.83%と落ち込んでいた。

 

【10代の投票率一覧】

■2016年参院選

18歳:51.28%

19歳:42.30%

10代:46.78%

(全体:54.70%)

 

■2017年衆院選

18歳:47.87%

19歳:33.25%

10代:40.49%

(全体:53.68%)

 

■2019年参院選

18歳:35.62%

19歳:28.83%

10代:32.28

(全体:48.80%)

 

■2021年衆院選(速報値)

18歳:51.14%

19歳:35.04%

10代:43.01%

(全体:55.93%)