【週間天気】東京も氷点下に... 週明けは極寒、クリスマス後は大雪警戒

25日(土)以降は、日本海側では大雪や猛吹雪に警戒が必要です。北海道から山陰にかけての山沿いで大雪となり、特に北陸の多い所では1mを超える新たな雪が積もるおそれがあります。
ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・クリスマス後に強い寒気
・週明けは極寒 東京も氷点下に
・年末の移動は比較的穏やか

クリスマス後に強い寒気

26日(日)の上空の寒気
26日(日)の上空の寒気
ウェザーニュース

25日(土)以降は、先週末以上の強い寒気が流れ込み、28日(火)頃まで居座ります。

日本海側では大雪や猛吹雪に警戒が必要です。北海道から山陰にかけての山沿いで大雪となり、特に北陸の多い所では1mを超える新たな雪が積もるおそれがあります。

西日本の市街地でも積雪の可能性があるため注意が必要です。寒気が非常に強いため雪雲の一部は太平洋側にも流れ込み、関西でも雪になる所もある見込みです。

雪への備えは早めに行い、雪のピーク時は大雪や吹雪によって移動が困難になるところもあるので、予定の変更なども必要です。
» このあとの積雪予想を確認(会員限定)

週明けは極寒 東京も氷点下に

26日(日)~27日(月)にかけては、強い寒気の影響で気温も大幅に下がり、寒さの底となる27日(月)の朝は特に冷え込みが強まります。

東京都心では最低気温が-2℃と冬日になる予想です。早朝の外出は、車のフロントガラスの凍結や路面凍結にもご注意ください。

また、内陸の都市部でも-5℃を下回る予想です。水道管凍結のおそれがあるので、最新の予想を確認して対策を検討しておくと良さそうです。
>>10日先までの天気・気温(無料)

年末の移動は比較的穏やか

仕事納めから大晦日にかけては、北日本の日本海側や北陸は引き続き雪が降るタイミングがありますが、東日本や西日本は穏やかな天気となる所が多くなりそうです。

年末は帰省など長距離の移動の機会が多くなる時期ですが、比較的天気に恵まれそうです。
» 10日先までの天気予報をアプリで見る

【関連記事】