メドベージェワらロシア著名人、ウクライナ侵攻に真っ黒画像で抗議「こんなことあり得るのか」

「悪い夢のように、一刻も早く全てが終わることを願っています」。五輪メダリストや歌手、司会者など様々な分野で活躍するロシアの著名人たちが、悲しみと抗議の意を表明している。
|
エフゲニア・メドベージェワ氏
エフゲニア・メドベージェワ氏
Alexander Shcherbak via Getty Images

「戦争を正当化することはできない」「決して起きてはならないことが起こった」ーー。

ロシアがウクライナへの軍事侵攻を進める中、ロシアの著名人たちが「戦争反対」と抗議の意をSNS上で表明する動きが広がっている

ロシアのテレビ番組司会者で、1000万人近いフォロワー数を誇るイヴァン・ウルガントは、Instagramに真っ黒の画像を投稿。ロシア語と英語で「恐怖と苦痛。NO WAR(戦争反対)」と訴えた。

人気コメディアンのマクシム・ガルキンも、自身のInstagramに黒い画像を投稿

「早朝から、ウクライナの友人や親戚と話をしているんだ!この気持ちを表現する言葉が見つからない!どうしてこんなことがあり得るのか。戦争を正当化することはできない。戦争反対!」などとつづった。

平昌五輪フィギュアスケート女子の銀メダリスト、エフゲニア・メドべージェワはInstagramのストーリーで、他の著名人たちと同じように黒い画像をシェア。「悪い夢のように、一刻も早く全てが終わることを願っています」とのメッセージを添えた。

歌手のヴァレリー・メラジェは、Instagramに投稿した動画で「決して起きてはならないことが起こった」と述べた。「歴史がいつか、全てを裁くだろう。今は(ロシアが)軍事行動を止めて、交渉の場に座るよう願いたい」。

Instagramのフォロワーが1400万人を超えるウクライナ出身のポップスター、スヴェトラーナ・ロボダは、青と黄のウクライナ国旗を連想させる色に染まった野原に、涙を流す顔を重ねた画像を投稿。「胸が張り裂けそう。朝5時から、家族や友人と連絡を取り合っています。こんなことがなぜ可能なのか。主よ、全てを止めてください。私はただ泣いています」

メドベージェワがストーリーに投稿した画像
メドベージェワがストーリーに投稿した画像
Instagram