ウクライナ難民が10日間で150万人超。UNHCR「第二次大戦以降、欧州で最も急速に拡大」

UNHCRは7日間で100万人が避難を余儀なくされていると明らかにしたばかりでした。
|
テント内で休むウクライナからの難民たち=2022年3月6日、ポーランド・メディカ
テント内で休むウクライナからの難民たち=2022年3月6日、ポーランド・メディカ
via Associated Press

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のフィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は3月6日、ロシアの軍事侵攻から逃れたウクライナの難民が10日間で150万人を超えたと自身のTwitterで明らかにした。

グランディ氏は「第二次世界大戦以降、ヨーロッパで最も急速に拡大している難民危機だ」と指摘した。

一方で、ウクライナ南東部のマリウポリでは、5日に実現できなかった民間人退避のための「人道回廊」が設置されるはずだったが、赤十字国際委員会(ICRC)は6日、「失敗に終わった」と公式Twitterで報告した

ロシアがウクライナに侵攻したのが2月24日で、UNHCRは3月3日に侵攻から7日間で100万人が避難を余儀なくされていると明らかにしたばかり。

今後も拡大が予想される難民の支援が急務となっている。