ウクライナのゼレンスキー大統領「侵略を止めるようなツールを日本のリーダーシップで」日本初のオンライン国会演説で語ったこと

ウクライナのゼレンスキー大統領は3月23日午後6時から、日本の国会でオンライン形式で演説した。
日本の国会で演説するウクライナのゼレンスキー大統領
日本の国会で演説するウクライナのゼレンスキー大統領
衆議院インターネット審議中継より

ロシアによる軍事侵攻を受けるウクライナのゼレンスキー大統領は3月23日、日本の国会で演説した。外国の首脳がオンラインで国会演説をするのは、日本で初めて。

ゼレンスキー氏は「予防的に全世界が安全を保障するために動けるためのツールが必要です」と訴えた。

「既存の国際機関がそのために機能できないので、新しい予防的なツールを作らなければならない」「本当に侵略を止められるようなツールです」と国連を念頭に、ロシアを抑止できなかったことに言及したうえで、「日本のリーダーシップがそういったツールの開発のために大きな役割を果たせると思います」と語り、日本の役割に期待を示した。

ゼレンスキー氏は「アジアで初めて、ロシアに対する圧力をかけはじめたのは日本です」とも述べ、これまでの日本の対ロ制裁やウクライナへの支援に感謝を示した。

衆議院によると、これまでに40人の外国の国家元首や首脳が国会で演説をした例はあるが、オンライン形式では例がないという。

この日の演説は、国会の本会議場ではなく、各衆院議員の事務室などが入る衆議院第一議員会館の1階にある「国際会議室」でオンライン中継された。

ゼレンスキー大統領はロシアによる軍事侵攻を受けて以降、イギリス、イタリア、カナダ、アメリカ、ドイツといったG7の国々のほか、EU議会やイスラエルなどでも演説している。