関東大震災から99年。廃墟と化した東京の街。「防災の日」に振り返る【画像集】

9月1日は「防災の日」です。10万5000人超の死者・行方不明者を出した関東大震災の様子を写真で振り返ります。
|

1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災から今年で99年となる。

内閣府の防災情報のページによると、地震は午前11時58分に発生し、マグニチュード7.9と推定されている。南関東から東海に及ぶ広範な地域で被害が発生し、死者・行方不明者は10万5000人超に上った。

ちょうど昼食の支度で火を使用している時間帯と重なり、倒壊した家屋から次々と出火し、大火災に見舞われた。電気、水道、道路、鉄道などのライフラインにも甚大な被害が出た。

9月1日は、この震災にちなんで「防災の日」に定められている。

関東大震災の当時の様子を写真で振り返る。

関東大震災後の東京の街
関東大震災後の東京の街
Bettmann via Getty Images
関東大震災で火災に見舞われた東京・銀座
関東大震災で火災に見舞われた東京・銀座
Bettmann via Getty Images
飛行機から見た関東大震災で壊滅的な被害を受けた東京の焼け野原
飛行機から見た関東大震災で壊滅的な被害を受けた東京の焼け野原
Bettmann via Getty Images
関東大震災後の東京の街
関東大震災後の東京の街
Evans via Getty Images
瓦礫撤去の様子
瓦礫撤去の様子
Bettmann via Getty Images
公園を埋め尽くす関東大震災の被災者たち
公園を埋め尽くす関東大震災の被災者たち
Bettmann via Getty Images
関東大震災で残った廃墟の中でお風呂に入る赤ちゃん
関東大震災で残った廃墟の中でお風呂に入る赤ちゃん
Underwood Archives via Getty Images
日本赤十字社が即席の担架で女性を廃墟から運ぶ様子
日本赤十字社が即席の担架で女性を廃墟から運ぶ様子
Bettmann via Getty Images