bosainohi

防災アイテムの中でも、意外と忘れがちなトイレ。非常用トイレの「ポイレ」を実際に使ってみました。
ハフコレ編集部
「情報を受け身で待っているのではなくて、自分から情報を取りにいって読み解く力を付けることが重要」。気象予報士の千種さんは「気象リテラシー 」を身に付ける重要性を説いています。
関東大震災から98年。国立映画アーカイブが、当時の貴重な映像作品をネットに無料公開しました。初の試みだといいます。
9月1日は「防災の日」です。10万5000人超の死者・行方不明者を出した関東大震災の様子を写真で振り返ります。
明治以降で最悪の5098人もの死者・犠牲者を出した、1959年の伊勢湾台風。今後発生が見込まれる「台風10号」との比較で注目される大災害を、資料で振り返る。
9月1日は「防災の日」です。約10万5000人の犠牲者を出した関東大震災の様子を写真で伝えます。
9月1日は「防災の日」。災害時、日本語が分からない在日外国人や観光客に対して、日本人はどんな方法で情報を伝えるべきか?ツイッターの140字以内で端的に伝える方法を、専門家と被災した外国人が考えた。
「大切なのは続けられる防災。小さな工夫の積み重ねがいざというときに役に立つ」と、本の中でアベさんは「ミニマル防災」を提案している。
9月1日は防災の日。もしものときに備えた、料理男子が作る「火をつかわない料理」の練習をしていただきたい。