『百万本のバラ』ロシアの国民的歌手、ウクライナ侵攻を批判「国際社会ののけ者に」

ロシアの人気歌手アーラ・プガチョワさんは、ウクライナ侵攻に反対を表明してきた夫のマクシム・ガルキンさんと連帯。夫と同様、当局から「スパイ」に指定されることを望んでいる、と訴えた。
|
アーラ・プガチョワさん=2011年撮影
アーラ・プガチョワさん=2011年撮影
Epsilon via Getty Images

『百万本のバラ』などのヒット曲で知られるロシアの著名歌手アーラ・プガチョワさんが、ロシアによるウクライナ侵攻への反対を表明した。

英紙ガーディアンは、「ロシアの象徴的存在のポップスターが、公然とウクライナでの戦争を批判するのは初めて」と報じている。

ロシアで最も人気のある歌手の一人であるプガチョワさんは、コメディアンで人気司会者の夫マクシム・ガルキンさんと連帯し、ロシア当局に対し彼女を「スパイ」のリストに加えるよう求めた。

「(夫は)祖国の繁栄と平和、表現の自由を願っている」

ガルキンさんは、これまでにウクライナ侵攻を非難する意見の発信を続けてきた。2月には、自身のInstagramで「早朝から、ウクライナの友人や親戚と話をしているんだ!この気持ちを表現する言葉が見つからない!どうしてこんなことがあり得るのか。戦争を正当化することはできない。戦争反対!」などとつづっていた

Sky newsによると、ガルキンさんは現地時間の9月16日、当局から「スパイ」として登録された。

ロシア政府は、当局の政策に批判的なメディアや団体、個人に対して、「外国のエージェント(スパイ)」とのレッテルを貼っている。

プガチョワさんは自身のInstagramで、約350万人のフォロワーに対しこう訴えたという。

私の愛する国のスパイリストに私を入れてください、とお願いしているのです。なぜなら、私は夫と連帯しているから。夫は正直で倫理的な人間です。彼は、真の清廉潔白なロシアの愛国者として、祖国の繁栄と平和、表現の自由を願っているだけなのです」

さらに、ロシア大統領府による「幻想的な目標」が、「私たちの国を国際社会ののけ者にし、国民の暮らしを極めて困難なものにしている」と批判した。

プガチョワさんは、ソ連時代にキャリアをスタートさせ、55年以上にわたって人気を博してきた。レコードの売上枚数は2億5000万枚を超える

2009年の60歳の誕生日には、当時のメドベージェフ大統領から「祖国功労勲章」を授与された

ーーー

ひとりひとりが、サステナブルな地球環境の中で、自分らしく生きていくためにーー。

ハフポスト日本版は「SDGs」「多様性」「働き方」の三つのテーマを大きな柱としています。時事ニュース、企画特集や個人の声を拾い上げるオピニオンなど多様な記事を発信し、ハフポストの記事から会話を始めること、多くの関係者と協力しながら社会問題を解決することを目指していきます。