Twitterの新認証マークは青・金・グレーに。何が違うの?

12月2日から暫定導入するとイーロン・マスク氏が発表。「手間はかかるが、必要なことだ」
|

Twitterを買収したイーロン・マスク氏は、12月2日に新たな認証マークを暫定的に導入すると発表した。

マスク氏は日本時間11月25日、自身のツイッターで「企業向けには金色、政府機関向けにはグレー、個人向け(著名人かどうかに関わらず)には青色のチェック」がつくことを明らかにした。

人力で確認作業をした上で認証する予定だという。マスク氏は「手間はかかるが、必要なことだ」と記した。

Twitterではこれまで、政府機関や報道機関、著名人などのアカウントのなりすましを防ぐため、ユーザー名の横に表示される「認証バッジ」と呼ばれる青いチェックマークを一定の基準を満たしたアカウントに付与してきた。

だがマスク氏が買収後、これを有料のサブスクリプションサービスに加入した人にも付与することにしたところ、なりすましの認証アカウントが急増し、混乱が広がっていた。

ホームページへ