ウエストランド「誰よりも怖さや悔しさを知っている」2度目の決勝、逆襲に燃える【M-1グランプリ決勝9組インタビュー(8)】

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」。12月18日の放送を前に決勝進出者のインタビューをお届けします。第8回は、2度目の決勝「ウエストランド」です

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」の決勝が12月18日、ABCテレビ、テレビ朝日系列で生放送される。史上最多の出場者7261組の中から勝ち進んだ、9組のファイナリストたちがM-1にかける思いとは━━。

8回目は、2020年大会に続き2度目の決勝進出となるウエストランド(井口浩之さん、河本太さん)。前回は10組中9位に終わり悔しい思いをしたが、毒のあるフレーズでインパクトを残した。

井口浩之さん(左)、河本太さん。2008年11月結成
井口浩之さん(左)、河本太さん。2008年11月結成
©M-1グランプリ事務局


━━「M-1グランプリ2022」決勝進出を決めた今の率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

井口 ホッとしたというのが一番ですけど“ここから大変!”ということを僕たちは知っているので、浮かれることなくしっかりと地に足をつけて、これから気を引き締めていかなきゃ、と思っているところです。決勝で結果を出さないと意味がないと思っているので。

河本 横で見ていて今年は相方がすごく調子良くて。準々決勝で勝手に手応えを感じていたんです。

井口 なんで“横で見ている人”になってんだよ!

河本 (笑)。予選でも準決勝でも、みんながみんなウケていたので、決勝に出られてホッとしているのは本音のところです。

井口 たしかに、準決勝はホントみんなウケていたよね。実際に舞台は見れなかったけど、漏れ聞こえてくる大爆笑を聞いてプレッシャーを感じていました。ただ、準決勝の会場は盛り上がっていたし、お客さんの温かい空気感もあってすごく良かったです。

━━これまでの予選を振り返っていかがでしたか。

井口 今年は久しぶりに1回戦からの出場でしたが、1回戦でも緊張するし手は抜けないというのが『M-1』だと改めて感じました。毎年本当に厳しい戦いですので、早く終わってくれという思いもありましたが、例年より勝負するネタを早めに決めることができたので、これまでで一番強気で臨めたと感じています。

河本 僕は予選でネタをずっと間違え続けていたので。相方のリカバリー力がかなり上がったと思います。相方という大船に乗った気持ちで乗り越えられました(笑)。でも、今日の準決勝では間違えることなくできたので、この調子のまま、しっかりと地に足を着けて決勝に臨みたいと思います。

━━「ファイナリストの中で自分たちが一番〇〇だ!」...「〇〇」に入るのは?
(自分たちの強み、持ち味はどこだと思いますか? )

井口 今回のファイナリストの中では、僕らがいちばん悔しさを知っていると思っています。一昨年前に決勝には出ましたが、10位よりもウケていない9位で終わったので。ただ、その時にマヂカルラブリーさんは、まさに決勝で最下位を取った後に、しっかりと尾を引き締めて優勝した場面を目の当たりにしたので。そんな意味でも、今年は僕らは誰よりも怖さや悔しさを知っているので、今回は逆襲したい気持ちです。“歴史を塗り替える気持ち”は一番強いですね。

井口浩之さん(左)、河本太さん
井口浩之さん(左)、河本太さん
©M-1グランプリ事務局

━━ほかのファイナリストの中で意識しているコンビは?それはなぜ?

井口 同じ事務所(タイタン)のキュウが一緒に決勝進出できたのは本当に嬉しいですね。東京の事務所で、吉本興業以外の事務所から2組が決勝に出るのは初めてのことだと思うので。良かった という思いもありますが、ここからはライバルになるので、厳しい戦い...になると思います。

河本 キュウは、タイタンに入る前からずっと大好きなコンビで、ファンだったんですよ。それで、ずっとマネージャーさんに「キュウがおもしろいですよ」と話していたら、タイタンに入ることになったんです。シンプルにキュウを応援していたので純粋に嬉しいですね。

井口 どういう立場なの!?これから決勝で戦うんだよ!

河本 厳しい戦いになりますが、相方がやってくれると思います。

井口 お前もな!!

━━敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?それはなぜ?

井口 みんな勢いを持って上がってくると思うので全員が脅威です。ただ、一緒にライブをやってきたヤーレンズや、ママタルト、ストレッチーズ、それに、お世話になっているかもめんたるさんは、上がってきてほしいという思いもあります。もちろん脅威ではありますが、決勝の舞台でいっしょに戦ってみたい思いもあります。

河本 脅威に感じるのはニュースターの登場だと思っています。ニュースターによる旋風が吹き荒れたらかなり厳しいですね。ただ、今年の敗者復活ではミキさんやオズワルドさんら売れている人気コンビもたくさんいますし、どこが上がってきても脅威になることは間違いないです。

━━優勝賞金1000万円の使い道は?

井口 引っ越しをしたので、賞金で部屋を充実させて、モテる部屋にしたいですね。さすがに『M-1』で優勝したらモテると思うので、とにかく“モテ部屋”にしたいです。今回も“モテたい気持ち”だけは誰にも負ないです!

河本 僕は娘が二人いるので、愛する家族のために賞金を使いたいですね。一昨年前の決勝後に、相方の仕事ばかりが増えて、コンビの仕事は徐々に減ってしまって。今は井口が僕の家族を支えてくれているようなものなので、優勝して家族をしっかりと養えるようにしたいですね。

ーー決勝に出場するにあたり楽しみにしていること、期待していることは?

井口 決勝にタイタンから2組出ることができた、ということですね。いい報告を社長や爆笑問題さんにできるのは嬉しいです。決勝ではもっといい報告をしたいですね。

河本 一昨年前に決勝戦へ出てテレビの仕事が増えたものの、娘の送り迎えで保育園に行った時には、誰からも気づかれなかったんです。今年こそは、ママ友に気づいてもらって顔を指さしてもらえるようになりたい、というのが楽しみにしている部分です。

━━最後に...M-1グランプリ・決勝へ向けた意気込みを一言で!

井口 前回の決勝戦での“忘れ物”...私物全部を置いてきてしまったくらいの悔しさがあるので、取り返すだけでなく、しっかりと結果も出したいと思います。『M-1』の悔しさは『M-1』でしか張らせないので、優勝を目指して頑張ります!

河本 一昨年前は、ファイナリストになっただけでもスゴイじゃんっていう思いがあったんです。でも、実際出場してみたら、何よりも自分のパフォーマンスの酷さに本当に悔しい思いをしました。相方にもずっと心配されていましたし。今回は、相方に心配をさせないように、気持ちをしっかりと作って決勝でも勝ちたいと思います!

ハフポスト日本版を運営するバズフィードジャパンと朝日放送テレビ(ABCテレビ)は資本関係にあり、この記事は共同企画です。

ホームページへ