24日から今季最強の寒波が襲来。大雪と寒さに最大限の警戒を

広い範囲で鉄道の運転見合わせや道路の通行止めなど、移動ができなくなることが考えられます。事前の買い出しや移動など、対策は早いうちに行い、不要な外出は控えてください。
上空1500m付近の寒気
上空1500m付近の寒気
ウェザーニュース

24日(火)から、日本列島の上空には近年で最も強いレベルの寒気が南下します。日本海側では大雪による災害の発生に最大限の警戒が必要です。

雪雲は太平洋側にも流れ込み、都市部でも雪の積もるところがあるとみています。

大雪の目安が本州南岸まで南下

25日は低気圧が発達しながら東へ進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まります。午後には北海道だけでなく、九州にも大雪の目安とされる上空1500m付近で−12℃以下の寒気が流れ込みはじめる予想です。

寒気は24日の夜から25日(水)の日中にかけて最も南下する見込みで、25日(水)の朝は−12℃のラインが西日本や東日本の南岸に、−21℃という非常に強い寒気のラインが青森県付近にあるとみています。

九州や中国地方に流れ込む寒気は、普段なら北日本を覆うような強さのものです。西日本の高層観測(850hPa)で−15℃以下が観測されれば、2016年1月以来で、近年にはない強さの寒気と言えます。

北陸山沿いは100cm前後の新たな積雪も

26日(木)朝までの積雪予想
26日(木)朝までの積雪予想
ウェザーニュース

北陸から山陰にかけての日本海側には、24日の午後から活発な雪雲がかかる見込みです。上空5000m付近を覆う寒気の中心の南側にJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が形成され、短期間で一気に積雪が増加します。

現時点では北陸の山沿いが最も雪が多くなるとみられ、1日で100cm前後の雪が降る予想です。近畿北部や山陰でも50cm以上と、近年ではなかったような大雪となるおそれがあります。広い範囲で鉄道の運転見合わせや道路の通行止めなど、移動ができなくなることが考えられます。事前の買い出しや移動など、対策は23日のうちに行い、不要な外出は控えてください。

太平洋側も積雪や凍結のおそれ

24日(火)~26日(木)の天気と気温
24日(火)~26日(木)の天気と気温
ウェザーニュース

上空の寒気が非常に強いため、太平洋側でも広く生活への影響が懸念されます。

九州は鹿児島など南部にも雪雲が広がり、山陽や四国、関西、濃尾平野周辺にも雪雲が流れ込む予想です。太平洋側の都市部でも雪の積もるところがあるため、十分に注意してください。

関東平野も24日の夜は雲が発達して、雪の降る可能性があります。

また、25日(水)・26日(木)の朝は冷え込みが非常に強まり、内陸部を中心に氷点下の冷え込みになって水道管や路面が凍結する可能性があります。東京都心や大阪、名古屋でも−2℃前後まで気温が下がる見込みです。対策は早めに行い、こまめに最新の情報をご確認ください。

【関連記事】

ホームページへ