大雨で浸かった車、水が引いても「使用しないで」。感電事故や車両火災の恐れも

身の安全を守るため、水に浸かった車のエンジンはかけないようにしましょう。
冠水した道路で立ち往生した自動車=2018年7月7日、福岡県小郡市(車両ナンバープレートに画像処理をしています)※2023年の台風2号の被害とは関係がありません
冠水した道路で立ち往生した自動車=2018年7月7日、福岡県小郡市(車両ナンバープレートに画像処理をしています)※2023年の台風2号の被害とは関係がありません
時事通信社

大型の台風2号による大雨の影響で、各地で冠水被害が発生している。

このような大雨で、車が水に浸った場合は、一見すると問題がなさそうでも「感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがあります」として、国土交通省はホームページで注意を呼びかけている

車が浸水・冠水した時の注意点として、同省は以下を呼び掛けている。

 

1.自分でエンジンをかけない。

 

2.使用したい場合には、購入先の販売店もしくは最寄りの自動車整備工場に相談する。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載しているので、むやみに触らないようにする。

 

3.車を使用するまでの間、発火するおそれがあるので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外す。

 

※ 外したターミナルがバッテリーと接触しないような措置(テープなどで覆う)をして下さい。

 

国交省は、2018年の西日本豪雨の際、大雨時の車の使用について、ツイートで注意を呼びかけていた。

 

 一般社団法人日本自動車工業会(JAMA)も、水が引いてもエンジンをかけないことなど、同様の注意喚起をしている。

注目記事