「超巨大アポロ」、明治公式のレシピがぶっ飛んでる。通常サイズと比べると...【画像】

使うチョコレートの数はなんと1270枚。明治が公式サイトに掲載している「超巨大アポロ」、試してみます?
明治の小粒チョコ「アポロ」
時事通信社
明治の小粒チョコ「アポロ」

バレンタインデーが近づいていますが、今年は少しインパクトの強いチョコを作ってみませんか?

明治が公式サイトで紹介している「超巨大アポロ」のレシピに従えば、その名の通り名菓子アポロの超巨大バージョンが作れます。

総重量50kg、使用するチョコレートはなんと1270枚。「超巨大アポロ」を作って、思いをチョコレートの大きさで表現してみるのはどうでしょうか?

▼材料

明治ミルクチョコレート 400枚(約20kg)
明治リッチストロベリーチョコレート 870枚(約40kg)

【コーティングチョコスプレー】
ホワイトチョコレート 500g
ショコラオレ 500g
赤いカカオバター 500g
お湯(湯せん用・50℃) 適量

【道具】
巨大な型
ビニールシート
削り器
鍋またはボウル
ゴムベラ
ノミ
やすり
皮むきピーラー
ティースプーン
チーズ削り器
カッター
スプレーガン

作り方

ミルクチョコレートで「アポロ」の下の円柱部分を作る

1. ビニールシートを使い、底辺45cmの円形の土台型を作る。

2. ミルクチョコレートを400枚(約20kg)テンパリングして、1で作った土台型に流し込む。

3. 2を冷蔵庫に入れて固める。

ストロベリーチョコレートで「アポロ」の上の円錐部分を作る

4. ビニールシートの角を使いながら、高さ43cmの円錐の型を作る。

5. リッチストロベリーチョコレート870枚(約40kg)をテンパリングして円錐の型に流し込む。

上部と下部を合体し、「アポロ」を作る

6. ミルクチョコレート(下部)とストロベリーチョコレート(上部)を合体させて形を整える。

7. 固まったらドライヤーやヒートガンなどを使用し、チョコレートを温めながらスプーンを使ってアポロの線を掘っていく。

8. フードプロセッサーでチョコレートを砕いて隙間を埋める。

9. やすりでアラを取りながら表面に艶出しする。

10. チョコレートスプレーで表面をコーティングして完成。

サイトではレシピのポイントとして「完成時の重量が約50kgになるので持ち運びに気を付けてください」と注意書きがあります。

公式レシピによると、調理にかかるのは6時間で、冷蔵庫で冷やし固める時間は約12時間。時間も労力もかかるレシピですが、完成した時の達成感はすごそうですね。

このレシピのスケールの大きさはネット上でも話題に。Xのユーザーからは「分量からウケる」「道具みたら完全に工作」「材料用意のハードルが高い」などのコメントが寄せられました。

また、「超巨大アポロ」はハードルが高すぎるという人は、使用チョコレートの数を9枚にとどめた「巨大アポロ」のレシピもあるので挑戦してみてください。こちらは通常のアポロ約280個分の重さだそうです。