barentain

職場での義理チョコ文化に抱く違和感。「そもそも私たちは男女平等に皆同じように働いているのに...」
最近「エシカルチョコ」という言葉も耳にするようになりました。児童労働や格差、気候危機の影響などが問題視されるチョコレート産業。「これを買っておけば間違いなし!」と言い切れない難しさもありますが、ハフコレ編集部なりにおすすめのチョコを選んでみました。
ハフコレ編集部
“「ズコーン」と頭を打たれた気分になった私。そうだよね、100円の板チョコの「しわ寄せ」が世界の誰かの不幸に繋がっているのかもしれないんだもんなあ…”
バレンタインデーを彩るチョコレート。その裏側にある甘くない真実を知っていますか? チョコプラの長田さんと一緒に楽しく、真剣に考えます。
本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分へのご褒美チョコ…。多様化するバレンタインのチョコレート選び。予算相場や新トレンドのSDGsで選ぶチョコなど、おすすめの人気商品を紹介します。
ハフコレ編集部
貧困などの困難な状況にある子どもたちの教育支援を行う「国境なき子どもたち」(KnK)が、クラウドファンディングに取り組んでいる。
食事客は、自身の姿を鏡で見つめながらロマンチックなディナーを楽しめるという。
「カップルとはどこまでの範囲を指すのですか」「同性同士でも対象になるのですか」など、利用客からの問い合わせが相次いでいたという。
ギフト選びのつもりが、いつの間にか自分用に…それもあり!
ハフコレ編集部