NEWS
2019年07月02日 10時07分 JST

大雨の九州は今日も強雨注意 朝は関東や近畿も雨

九州では先週末からの大雨で地盤が緩んでいます。土砂災害に警戒してください。

ウェザーニュース

今日7月2日(火)は梅雨前線がやや南下し、活発な雨雲は本州から離れた太平洋上にあります。関東や近畿で雨が降るのは朝が中心で、雨のやむところが多い予想です。一方、九州はここ数日ほどではないものの局地的に強い雨が降る予想で、既に大雨で地盤の緩んでいるため土砂災害に警戒が必要です。

九州は強雨注意 土砂災害に警戒を

九州や四国では今日も断続的に雨が降ります。特に午前中は活発な雨雲が流れ込みやすく、昨日や一昨日ほどのような豪雨となる可能性は低いものの、局地的に強い雨が続くおそれがあります。

先週末からの大雨で地盤が緩んでいため、少しの雨でも土砂災害が発生しやすくなっています。川や急な斜面などには近づかないようにしてください。

本州太平洋側の雨は朝が中心

梅雨前線が南に離れる関東や東海、近畿では、雨が降るのは朝が中心となります。昼間は雨がやむところが多いため、傘の置き忘れにご注意ください。

昼間の気温は20℃台後半のところが多く、湿度も高いため、不快な蒸し暑さとなりそうです。

東北は晴れて真夏日となる可能性

東北南部では晴れて気温が高くなる予想です。仙台や福島は最高気温が30℃の予想で、真夏日となる可能性もあります。

北海道は低気圧の影響で雲が広がって雨がるところもあり、局地的に雷雨となるおそれがあります。

ウェザーニュース