2020
2019年12月09日 18時11分 JST

「東京パラリンピックの開会式、閉会式に出ませんか?」 出演者を一般公募へ

「新国立競技場に立てます。あなたが。」

時事通信社
東京パラリンピック開閉会式出演者募集の記者会見で応募を呼び掛けるクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(左)と栗栖良依さん=12月9日、東京都中央区 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は12月9日、東京2020パラリンピック競技大会の開会式・閉会式に出演する「パラエンターテイナー」を一般から募ることを発表した

組織委員会の公式サイトでは、「スポーツが得意な人がいるように、歌が得意な人がいる。ダンスが得意な人がいる。楽器が得意な人がいる。そんな全ての人たちが、アスリートと同じように世界に向けて活躍できる開閉会式にしたいと思っています」と説明し、応募を呼びかけている。

募集を行うのは3種類のキャストだ。

①開会式・閉会式の主役となる「リーディングキャスト」(若干名)

②個人やグループにフォーカスするパートで演出内容にあわせて自身が持つ個性や特技を活かしたパフォーマンスをする「オリジナルキャスト」(20人程度)

③集団群舞のパートでパフォーマンスをする「マスキャスト」(400人規模)

 

①の「リーディングキャスト」は個人での応募に限り、②の「オリジナルキャスト」は個人またはグループ(10 名以内)での応募が可能。③の「マスキャスト」については、障がいのある方など何らかの制約があると認識されている方を含むグループ(6~20人)での応募となる。

応募期間は12月10日から2020年1月10日まで。書類などによる一次審査の後、面接審査があるという。応募要綱の詳細は公式サイトに公開されている。

 

■「新国立競技場に立てます。あなたが。」

オーディションの審査は、佐々木宏パラリンピック担当エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター、栗栖良依クリエーティブ・ディレクター、パラリンピック開会式のステージ演出を手掛けるケラリーノ・サンドロヴィッチさん、閉会式のステージ演出を担当する小林賢太郎さんらが務める。

佐々木氏は募集に合わせ、以下のコメントを出した。

敢えて言います。ライバルは「オリンピック」開閉会式。パラリンピックをなんとしても盛り上げたい。現代演劇界を代表する鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏と同じく奇才小林賢太郎氏が「パラリンピック開閉会式」の最終ステージ演出をやります。これは、事件。騒然。期待高まります。KERA「開会式」と、コバケン「閉会式」の対決、ちょっと見もの。そのキャストを緊急募集です。新国立競技場に立てます。あなたが。