BLOG
2015年12月02日 10時33分 JST | 更新 2016年11月29日 14時12分 JST

欧米で話題の"PrEP"って何?HIV感染しなくなるって本当?

もし大丈夫だよって言われた時、こういう疑問を持ってNoと返事できますか?

あなたの視野を必ず広げる、ここでしか読めないLGBTたちの本気記事を20人以上のLGBTたちが毎日配信中。Letibee LIFE


PrEPってなに?誰がやってるの?


PrEPって言葉を耳にしたことがありますか?Pre-Exposure Prophylaxisの略(通称:PrEP)で、日本語では『暴露前予防投薬』と言われる手段です。簡単に言えば、既に販売されている抗HIV薬であるテノホビル・エムトリシタビン合剤(商品名:ツルバダ配合錠)を感染する前から常用的に服用することで、HIVウイルスに感染するリスクのある行為をした際などに、体内に既に入っているこの薬がすぐにウイルスを攻撃してくれて、ウイルス感染しないというものです。

アメリカでは既に承認され、HIV感染拡大を抑える手段として保険が効くとあって始めているゲイの人は結構います。僕も、今までに何度か投薬している男性に会いました。僕の彼氏のかかりつけ医は、どんなセックスをするかインタビューしてから服用を薦める事があるそうです(バニラ好みの人には必要ない、と処方しないケースもあるらしい)。既に身近にある手段となっています。


PrEPしているからこその、危ない誘惑

PrEPの何が良いのか?コンドームを装着していてもHIV感染は100%予防できる訳ではありませんが、その上コンドームが、破れてしまった等で万が一精液がコンドームから漏れてしまった場合にも、PrEPしていればウイルスが入ってきても応戦射撃ですぐにウイルスをやっつけてくれます。相手がもしHIVウイルスを持っていたとしても感染リスクを抑える事が可能なのです。

ですが、これは理論的な話です。それに、PrEPしている事を良い事に、僕が出会った男性の中には、"I'm taking a PrEP, so let's have a bareback sex" (俺はPrEPしているから、ゴム無しでセックスしようよ)って誘ってくる人がいました。PrEPしていればHIVは怖くない、ってまやかしが起きているんです。


「PrEPしているから安全だよ」

《どうなんだろう??? 本当に安全かな???》って疑問が湧いたので、僕はその誘いを断りました。

  1. 初めて会った(中には何度か会った事のある)男性が、本当にその薬を飲んでいるのか?
  2. その薬がその人の体内で本当に効いているのか?
  3. まだ新しい手段なのに、100%保証されているの?
  4. HIVウイルスには効いても、他のSTDsには効かないでしょう?

こんな疑問が頭をよぎったんです。

皆さんはどうですか? もし大丈夫だよって言われた時、こういう疑問を持ってNoと返事できますか? その場の空気に流されてしまうかもしれませんよね。


本能に従ってSEXする前に、理性に従ってSTOPを!

HIVに関する冊子でもよく言われているように、相手がタイプの人だと『コンドームを着けるように要求して嫌われたくないから、なかなか言い出せない』という状況はあると思います。しかも、相手は『PrEPしているからHIVの心配しなくて良いよ』と言われると、余計にコンドーム着けてって言い出しづらかったりなってしまうかもしれません。

だけど、上に書いた疑問点にあるように、100%の保証はないし、PrEPはHIV感染は防げても梅毒とか他の性病には効かないことに留意しましょう。やはり、コンドームと併用する事が大前提です。


最低限のマナー

PrEPしている=安全ではありません。HIVの感染リスクは抑える事ができても、それだけで、100%の確率では決してありません。それに、服用しているのは抗HIV薬であって、他の性病には効きません。だから、PrEPについて、正しい知識を持ち合わせるよう、気を付けましょう。

アメリカで既に始まったPrEPというHIV感染予防、日本ではまだ馴染みのない人が多いかと思いますが、ぜひこの記事をきっかけにPrEPについて調べてみてはいかがでしょうか。

>>「15年以内にエイズはなくなる」ビルゲイツ、HIVのワクチン研究に6億円を寄付