hiv

HIVに感染した男女が恋に落ちた。2人は結婚し、幸せな日々を送るが、かつて夫は恋愛できないほどショックを受け、妻は死ぬことばかり考えていた。
咳が止まらず、夜には発熱。病院を受診すると結核と診断された。だが、それがエイズの発症だとは想像もしなかった。
HIV予防効果は90%以上といわれ、海外では承認が進んでいる。
初めてカミングアウトしたのは歯医者さんだった。治療拒否に合わず、受け入れてくれたことがうれしかった。
病気や偏見、差別に抗いながら発せられたのは、力強く勇気に満ちたものばかりでした。
HIVに感染した女性はやがてある男性を好きになった。交際から2週間、いよいよという時を迎え、女性は感染の事実を伝えた。男性の反応に女性はぼろぼろと涙をこぼした。
過去に女性差別ととれる発言をしていたとして、出演に「不適切」との声が上がっていた。
アプリは無料だが、エイズで命を落としたフレディを悼み、ブライアン・メイらが立ち上げたチャリティファンド「The Mercury Phoenix Trust」に寄付できるボタンが設置されています。
病院側は、控訴を断念した上で、「虚偽の発言が非難されないなら、とても今後の議論にはなりえません」と判決を非難していた
研究結果によれば、初めての性行為でレイプ被害を受けた女性は、HIVや性感染症に掛かるリスクが高まったり、子宮内膜症や月経障害などに長期に渡って悩まされたという。
アイアンマンレースを完走したギャレス・トーマス元選手は、観衆からの大歓声と拍手で迎え入れられ、その後パートナーと抱き合った。
この裁判では、服薬していれば慢性疾患と同様に考えられるHIV感染について、陽性者であることを告知する義務があったかどうかが焦点となっていた。
HIVとエイズを混同したり、HIVに感染する=死に至る病と思い込んだりする誤解は、実は一般の社会だけでなく医療の専門家たちも良く知らなかったのだということが分かった。
HIV内定取り消し訴訟では、事実と証拠を重んじるはずの法廷で、無知と偏見による差別的な質問が投げかけられる場面もあった。治療の最前線は社会認識からどのくらい進歩しているのか、話を聞いた。
HIVキャリアの男性に対する内定取り消し訴訟では、本人尋問のなかで無知からくる差別的な質問が繰り返された。差別をしないためには、正しい知識のアップデートが必要だ。