abeseiken

「検事総長自身による後任指名」の慣例により独立性を保ち続けてきた検察の人事に、安倍政権は「不透明」なやり方で介入する。
質問主意書を提出した初鹿明博議員は「この答弁は酷いな。民間企業はどうやって反社会的勢力かどうかの判断すれば良いんだ!」と憤っています。
その安直なストーリーは、確かな根拠に基づいているだろうか。
いつからこれほどに「怒る」ことはタブーとなり、世の中を「変えられない」という空気が強固に作られたのか。
元号が変わっても、問題がリセットされるわけではない。見かけのデータにごまかされないために知っておきたいこと。