広告を考える

ジャーナリストの治部れんげさんが講師をつとめ「内部でおかしいと思っている人はいるのに、その方たちの知見が生かされていない」などと指摘した
「女性がもっと自分らしく生きるためには、自由に生きることが大事。姓の選択はその一つだと思います」
「人種などのデリケートな問題をオープンに議論する習慣がない日本では、激しい議論を呼んだ」
青と赤をあわせて団結の力を示したというが、ネットでは「そんな簡単じゃない」と批判され、冷ややかなコメントが相次ぐ。
Twitterで瞬く間に反響が広がった「かぜの時は、お家で休もう!」と謳う風邪薬の広告。コピーが生まれた背景にはどのような考えがあったのか、企業側に聞いた。
コンプレックスを煽る広告に「NO」を突きつけたヤフーの判断に、「業界に広がってほしい」などと賞賛の声が相次いでいます。
誰のための広告なの?ミニスカートの#萌えキャラ広告で抱いた疑問。
インドの広告ディレクターの女性は「運動をしたり、会議に出たりする強い女性である必要はありません」と話している。
有名企業「プーマ」に関する動画でもステマが判明。「大食い」ユーチューバーにも疑惑の目が注がれている。
コロナ禍で掲出された斬新な広告。意識したのは「誰も傷つけない」広告のかたちだ。
SDGsに、社会貢献ではなくビジネスとして取り組むにはどうすればいいのか。
20代の頃の私はまさに「生きるため」に化粧をしていたと思う。
東京都が公表している都営地下鉄の利用者数の推移を見ると、都内では新規感染者が連日100人超えが続いているにもかかわらず、この間の人出はむしろ少しずつ増えている。
コカ・コーラも「世界にもソーシャルメディアにも、人種差別の場所はない」とし、SNSでの広告掲載を一時停止。
日曜に掲載された全面広告に「がく然とする」内容の主張が書かれていました。
継続的なSDGs活動のために、どのように活動を作り、どう伝えるべきか。