広告を考える

“実施すること”と、“それを知ってもらうこと”は少なくとも1:1のパワー比率であるべきだ。
「誰にも言ってないよ。でも、お母さん、他の人に言わないで」──。7歳にして、私は社会的立場の強そうなおじさんに忖度していた。
しんどい事も信じられないほど沢山ありますが、私は心の底から仕事が大好きです。就活応援番組「ハフライブ」では、その楽しさやワクワクを伝えていきたい。
世界各国でPRバトルを繰り広げる「バーガーキング」と「マクドナルド」。閉店するマックへのバーガーキングの広告について、両社に取材しました🍔
1月22日に同時デビューを迎えるSixTONESとSnowMan、それぞれのメッセージは?
より豊かな未来の生活の扉を開くのは、音声コンテンツなのかもしれない。
PRESENTED BY popIn
エロ広告を配信した責任は広告主や広告媒体、広告配信システムにあり、その責任を視聴者に押し付けるべきではない。
インターネット広告が、それまでのマス広告と比較して、相手に応じた広告配信、つまりターゲティングに強みを持つことは間違いない。しかし…。
アメリカではフェイスブックが政治広告のファクトチェックを拒否したことで批判を浴びている。従業員からCEOのマーク・ザッカーバーグ氏らに宛てられた公開書簡が話題となったばかりだった。
圧倒的な成果を残しながらも、プライベートの時間も楽しんでいるんです。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「時代はいつもあなたから変わる」という言葉に込めた思いとは? 五十嵐真奈編集長に聞いた。
「史上最年少の東証一部上場企業のCFO」として、18歳以下から人材を募集するという前代未聞の広告を朝日新聞の朝刊に掲載。株式会社ユーグレナの狙いとは...?副社長に聞いた。
企業、代理店、メディア、ユーザー…それぞれの立場から考えたら、新しい広告のカタチが見えてきた。
Presented by Teads Japan株式会社