ALS

ALSや難病の人たちとの出会いから、私は「寝たきりの先にある世界」の豊かさに目を見開かれ、大きな勇気をもらってきた。そんなふうに「人間の無限の可能性」について気づかせてくれた人の一人に、天畠大輔さんがいる。
40歳でALSを発症した医師の太田守武さん。嘱託殺人で命を奪われた女性に、「死ぬことばかり考えていた」自身の過去を重ねる。絶望から救ってくれたものは何だったのか。
「生きるとは何かを失っていくこと。失いながら大事なものを感じられるようになること」。ALS患者の真下貴久さんが授業で高校生に贈った言葉とは。
ニャンちゅうの仕事を続けていることも報告した。「これからも仲間たちと楽しいものを作っていければと思います」
「何も知らない私が地域で生きる術(すべ)を身につけるのに35年もかかりました」
スポンジ・ボブの放送局は「黙祷を捧げる」と投稿。
生まれる前、娘はお空にいました。
現代のテクノロジーのおかげで、世界に一つの贈り物が出来ました!
日本語だから共通言語に直ちになると思ったら大間違いです。
「僕はもう話せないかもしれない。だから毎日、ビデオダイアリーをつける。まだ見ぬ君へ。僕からの贈り物だ」
論文で、アタキシン2を減少させる治療法が報告されている。
開業当初からこれだけのソフト・ハードのバリアフリーを備えていたなら、すごく先進的だと思います。
ソフトにテキストを打ち込めば、どんな早口言葉でも合成して『私の声』で再生されます。
五輪後も、「障害者が首都圏で泊まるならココ!」というように定着し、全国の主要都市に同じようなものができれば…