amamiyatokororin

作家・活動家として「津久井やまゆり園」事件を追ってきた雨宮処凛さん。法廷で初めて対峙した植松聖被告について聞いた。
男児に性犯罪を犯した経験のある男性が、顔と名前を出して「AbemaPrime」に出演し、大きな物議をかもした。彼は、私の信頼する「仲間」だ。
「いったい誰が、『れいわ新選組』を支持したのか?」
高円寺が「普通の町」になることへ反対する人々の、1日を追った。
避難所受け入れを拒否した職員だって殺意があるわけでもなく、「死ね」と思っているわけでもない。断れば、どこか別の場所に行くと思っているのかもしれない。
相模原市の障害者施設で45人を殺傷した植松聖被告。社会は彼に怒りをぶつけたのか。
おそらく10%への増税を決めたのは、人参の皮まで食べきる必要がなく、家計を気にしながらスーパーで買い物をする経験など一度もしたことがない人たちだ。
議員になっただけで、舩後さん、木村さんはこれほどに「制度の矛盾」をあぶり出しているのだ。議員になった、その事実だけで国会の改修が始まり、制度の運用についての大激論が始まり、その制度の穴について多くの人が知ることになる。
フラワーデモは性暴力被害を訴えるだけではない。声をあげる自分を肯定し、被害を受けた過去を癒す場所にもなり得る。
「いい母親」で居続けようとする女性を誰も助けず、2人の子供が死んだ。