antonioinoki

テーマ曲「炎のファイター」とともに登場、「元気ですかー。元気があればなんでもできる」
訪朝から帰国の猪木氏「人の交流のドアを日本側が閉ざしてしまっている」とも
かつて自宅マンションでライオンを飼っていたというエピソードも披露。
1976年6月26日に行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリの“世紀の一戦”を15ラウンドすべてノーカットで放送。
プロボクシングの元世界ヘビー級王者モハメド・アリ氏が6月4日、アメリカ・アリゾナ州の病院で死去した。74歳だった。
ボクシング元ヘビー級世界王者のモハメド・アリ氏が3日、アメリカ・アリゾナ州の病院で死去した。74歳だった。
組み合わせの異色さから「真剣勝負か、それとも単なるショーか」と大きな話題を呼んだ。
元プロレスラーの馳浩文部科学相と、師匠のアントニオ猪木氏が11日、参院予算委員会の質疑で「対決」。猪木、馳両氏のプロレスラーとしての対決は1992年が最後で、「夢の激突」が実現した。
馳氏は「師匠、ありがとうございます」と感謝しました。
政治の世界に転じたのは、アントニオ猪木氏がスポーツ平和党を率いて参院選に出馬したときに、秘書として支えたのがきっかけでした。
「メーン会場も白紙にしたことですし、いっそのこと日程も変えてはいかがでしょうか」と下村文科相に迫った。
元プロレスラーのダスティ・ローデスが6月11日急死したと、アメリカのプロレス団体WWEが発表した。69歳だった。
記者会見の際、元気会なのに元気じゃなかった山口参議院議員が欠席されたのは以前にお伝えした通りですが、ではアントニオ猪木議員はいったい何をしていたのでしょうか?多くの問い合わせをいただきましたので、お答えします。
「日本を元気にする会」のアントニオ猪木参院議員は1月21日、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんとイギリスで面会した際に、日本訪問を要請したことを明らかにした。
「次世代の党」に離党届を提出したアントニオ猪木参院議員が、すでに解党した「みんなの党」の所属議員らと新党を結成することになった。
アントニオ猪木・参院議員が北朝鮮の張雄・国際武道競技委員会委員長と共催する国際プロレス大会の2日目の競技が8月31日、平壌市内の体育館で行われた。
北朝鮮を訪問中のアントニオ猪木議員が、平壌のホテルでジェロム・レ・バンナさんらと「1、2、3、ダー!」と拳を突き上げた。
日本維新の会分党の流れで、アントニオ猪木参議院議員が自身のFacebookやTwitterにて党名の募集を呼びかけていました。