apple

今日(米国時間8/19)のWall Street Journalの記事によればAppleは9月にiPhone次世代モデルを発表するという。これにはハイエンド機とローエンド機が含まれる。これまでもわれわれはAppleが9月10日にイベントを開催し、そこでiPhoneを2機種発表するという情報を何度も聞いている。しかし今回のWSJの記事はこれをほとんど確定した事実という調子で報じているのが注目される…
「次の iPhone には新色ゴールド追加」のうわさに続報がありました。リンク先の AllThingsD では、匿名の「情報を知り得る立場にいる人物」による証言として、近日中に発表を迎える新 iPhone には白と黒に加えて確かにゴールド本体色が用意されると伝えています…
ほとんどの企業は、わかりやすい方法で利益を上げている。Google社は広告を通して、Apple社はiPhoneやiPadを販売して、Gap社のような小売店は衣料などを売ることで、それぞれお金を稼いでいる。
そろそろ新型iPhoneの時期になってきた。iPhone 5Sや、廉価版iPhoneの話題が頻繁に見られるようになってきた中、AllThingsDが新機種リリースの日付を9月10日であるという旨の記事を公開している…
Wall Street Journalによれば、AppleはPad mini用にRetinaディスプレイの調達計画を立てたという。 7.9インチの小型iPadの次世代版にはSamsungを始めLG、Sharpが供給する高精細度モニタが搭載される。この記事によれば、当初AppleはSamsungを切る予定だったが、十分な供給量の確保のために契約を続けることにしたようだ…
PCの市場は不調で、消費者はタブレットが好きだ。予測は当たらないこともあるが、今のトレンドが続けば、2014年の第二四半期には売上台数でタブレットがPCを上回る…
米アップルは7月23日、2013年4〜6月期決算を発表した。売上高は前年同期比でほぼ横ばいにとどまる一方、営業利益、純利益とも減益となった。
新発表の内容は、開発者イベントとあって iOS 7、次期バージョンの OS X (「XI」ではなく10.9らしい?) などが予想されますが、先日の Computex 2013 で多数のWindows PC が登場したインテル Haswell / 第4世代 Core プロセッサ搭載の新 MacBook ラインナップも期待したいところです (例:Haswell で駆動時間が大幅延長したモデル、あるいは MacBook Air の Retina ディスプレイモデル etc)。