arukoru

「このあと、まだ家事をしなきゃいけない」「ランチをもっと楽しみたい」そんな時、“微アル”があれば、ひとりひとりのシーンや気分に合わせて、ドリンクをもっと自由に楽しむことができそうだ。
PRESENTED BY アサヒビール株式会社
「味」よりも「コスパよく酔える」お酒を、長い時には7時間飲み続ける。外出自粛中の寂しさやストレスで、大好きなお酒の飲み方が変わってしまったライター・姫野桂さんによる「減酒」の体験記です。
ジュースやスパークリングウォーターだけじゃない。ノンアル蒸留酒も登場し、より風味豊かなノンアルカクテルが誕生している。
アルコール依存症問題に取り組んできた斉藤章佳さんは、「日常生活が脅かされたストレスへの対処行動として、飲酒量が増える人がいるだろう」と注意を促す。
クリスマスパーティや忘年会の季節がやってきた。お酒を存分に楽しみながら、二日酔いを避ける方法はあるのだろうか?
お店側が飲み放題にする理由は「お酒を飲まない人やお酒に弱い人全員から一律にお金をいただける」から。
ノンアル日記第6話:つい惰性で飲んでしまう二次会…記憶、ありますか?