arukoru

人気の「カクテル」ランキングを紹介します。カンパリオレンジにカシスソーダ、モスコミュールやジントニック、モヒートにカシスオレンジ、ソルティドッグ…。1番人気があったのはどのカクテルでしょうか?
「デートレイプドラッグ」事件では、当時の記憶をなくす「一過性前向健忘」により、警察官が話を信用しないケースがあります。このような辛い経験をした女性に話を聞きました。
睡眠薬などを使った性的暴行事件で、被害者が「一過性前向健忘」に苦しめられています。被害時の記憶が欠落しますが、捜査当局側の対応によっては事件化できないケースがあります。
世界的に見て、飲酒に寛容だと言われる日本社会。あえて飲まない「ソバーキュリアス」が注目されるなど、少しずつ変わってきたとはいえ、アルコールの誘惑はまだまだ、街中にあふれています。飲み過ぎることの弊害と、上手に付き合うコツを専門家の医師にたずねました。
「ロシア社会では大量の酒を飲むことが蔓延しており、たとえ戦闘活動中であっても、軍隊生活の一部として暗黙のうちに受け入れられてきたようだ」
飲みかけのワインを真空に近い状態にし、酸化を防ぐ便利アイテム。実際に使ってみました。
ハフコレ編集部
コンセプトは「飲めない自分のままでいい」。ノンアル・ローアルを中心に多種多様なドリンクが揃い、お酒を飲める人も、飲まない/飲めない人も、みんなが一緒に楽しめるバーだ。
若者のお酒離れが進んでいると言われる今。「あえて飲まない」がクールになりつつあるーー。
コロナ禍でおうち時間が多くなり、飲む量は増えていませんか?飲酒習慣について自問すべき、5つの質問を紹介します。
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に対し、アメリカとカナダの一部の州や企業、個人経営の店で、ロシアのウォッカを店頭から排除する動きが始まっている。