asurito

一度は自ら閉ざした道に、なぜ戻ってきたのか。いま、最初の引退時よりも力を発揮できるのはなぜか。 “ママアスリート”を自ら名乗る理由、女性がアスリートを続ける困難についても聞いた。
「金メダルを目指す」と公言していたオリンピックの1年延期が決まった。しかし、五十嵐カノアはその先をも見据えている。
ラグビー福岡堅樹選手やサッカー堂安律選手が思いをつづっている。
陸前高田市への訪問経験があるローズ選手をはじめ、ケニアで練習に励む難民アスリートたちに会いに行きました。
病気や偏見、差別に抗いながら発せられたのは、力強く勇気に満ちたものばかりでした。
苦しんでいる人たちには、「そんな薄暗いとこだけが世界じゃねえから、山ほど幸せになろうな!」と寄り添った。
試合前のスイッチを入れる、こだわりのルーティーンに迫る
PRESENTED BY Philips
「日本一になっても、国際大会で勝てない、これが日本のスポーツでした」