atsurosho

育休の従業員への周知や意向確認を義務化。大企業には2023年から取得率公表も義務付けへ
背景には、最後のセーフティネットである生活保護の受けづらさがある。困窮者や世間の持つマイナスイメージと、自治体の「水際作戦」だ。
「産休」にあたる産後8週間に限定し、男性が育休取得しやすいように申請期限を短縮したり一時就労を可能とする仕組みを提案している。
2年前の就活では「入社するなら親のサインが必要です」と企業に言われ、内定直前で辞退したことも
また、妊娠や出産の申し出をした労働者に対し、育休取得の働きかけや意向確認などの制度周知を義務化するよう求める提案に対しては、経団連の鈴木重也氏は「取得を強制することと促すことの境界が曖昧」だとして反対した。
永田町と霞が関で、男性育休について本格的な検討が始まりました。意見が割れる3つのポイントについて、議論の内容を紹介します。
入手するハードルを下げるという議論はこれまでもされてきたが、女性だけの問題に矮小化されるなどしてきた経緯がある。
厚労省の審議会で義務化への反対意見が相次いだことを受け、「我々は近年それぞれの立場で『男性本人の意識への働きかけ』に協力してきたが、個人への意識啓発では取得率向上に限界がある」と訴えている。
新型コロナに関して、厚労省が大規模なメンタルヘルスの調査するのは初めてという。
「マスクは適宜はずす」「エアコン使用時も換気」など、新型コロナウイルスの感染拡大を予防しながら熱中症に備えるポイントをまとめた