black lives matter

黒人男性が、白人警察官の暴行により死亡した事件で、抗議のデモはフランスやオランダなど欧州各国にも広がっている。
2014年に悲しい事件が起きた街に、初の黒人で、初の女性市長が誕生しました
白人至上主義者グループが、反ファシスト勢力「ANTIFA」を装った偽アカウントを作成。SNSで暴力行為を呼びかけていた。
「#TheShowMustBePaused(ショーは中断しなければならない)」のハッシュタグが広がる。ロックバンドのレディオヘッドは、YouTube動画を全て非公開に。
「我々は共感と許容の未来を目指し、黒人クリエーター、ゲーマー、従業員、家族、友人と同じ側に立つ」
殺人罪で起訴されたデレク・ショーヴィン元警官は、フロイドさんと同じナイトクラブで勤務していたとの報道も。
「やり方を変えましょう!兄も、みなさんにこんなことをしてほしくないと思っているはずだ」
アリアナ・グランデさんがロサンゼルスのデモ抗議に。全米各地ではほかにも、歌手のホールジーさんやケラー二さん、J・コールさんなどが参加していた。
「都市や州が必要な行動を取らない場合、軍を出動させる」と述べた。
Black Lives Matter運動が戦っているのは "白人VS黒人"ではなくInstitutional Racism (制度に組み込まれた人種差別)だ。
7月3日に開催されたトロントプライドパレードは、プライド月間の最終日を飾る盛大なイベントである。しかし、開始からまもなくして、歴史に残る事件が起きた。
グラミー賞授賞式で、ファレル・ウィリアムスが自身のヒット曲『Happy』のパフォーマンスで、ダンサーたちとともに手のひらを上げ、「#BlackLivesMatter」(黒人の命だって大切だ)運動に敬意を表した。
今年のマーティン・ルーサー・キング牧師の祝日にボストンではデモが行われた。