これからの防災
2021年09月01日 06時00分 JST | 更新 2021年09月02日 08時40分 JST

関東大震災で東京の街は一変した。「防災の日」に振り返る98年前の記録【画像集】

9月1日は「防災の日」です。10万5000人超の死者・行方不明者を出した関東大震災の様子を写真で振り返ります。

1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災から今年で98年となる。

内閣府の防災情報のページによると、地震は午前11時58分に発生し、マグニチュード7.9と推定されている。南関東から東海に及ぶ広範な地域で被害が発生し、死者・行方不明者は10万5000人超に上った。

ちょうど昼食の支度で火を使用している時間帯と重なり、倒壊した家屋から次々と出火し、大火災に見舞われた。電気、水道、道路、鉄道などのライフラインにも甚大な被害が出た。

9月1日は、この震災にちなんで「防災の日」に定められている。

関東大震災の当時の様子を写真で振り返る。

Bettmann via Getty Images
関東大震災で火災に見舞われた東京・銀座
Library of Congress via Getty Images
関東大震災による火災で焼失した東京の街
Hulton Deutsch via Getty Images
関東大震災後の東京の街
時事通信社
関東大震災で焼失した東京・銀座周辺
Evans via Getty Images
関東大震災後の東京の街
picture alliance via Getty Images
関東大震災後の東京の街
時事通信社
8階から崩れ落ちた東京・浅草の凌雲閣。12階建ての展望塔だった。
picture alliance via Getty Images
関東大震災後の神奈川・横浜