ビジネス

SDGsについてある程度の知識はあるけれど、具体的にどうアクションすべきか知りたい人もいることでしょう。 そんな人たちのため、ハフポストでは、「SDGsガイドブック」を作成しました。
渋沢栄一が残した名著「論語と算盤」にはSDGsと通ずる思想がある。一人一人のお金の使い方を「Me」から「We」へ変われば、社会を変える大きな力となる。
「新しい時代のロールモデルに」12歳の少年が思い描く、夢のその先とは
PRESENTED BY セールスフォース・ドットコム
世界経済フォーラムの報告によると、2050年までに海のプラスチックの量が、魚の量を超える可能性もあるという。自分の子供や孫、ひ孫の世代が生きているときに「まだ地球が残っているか否か」という時間軸の視点が、SDGsには必要だ。
日本は世界有数のチョコレート消費国で、カカオの仕入れ先の8割はガーナ。そこでは77万人の子どもが学校に行かずにカカオ栽培をさせられている。
SDGsが広がっている2021年だからこそ。国際人権は、ビジネスパーソンも無視できない。
2頭の馬と、2体のLOVOT。自然と最先端技術と一緒に暮らす中で気づいた、自身の「人間らしさ」とは
PRESENTED BY GROOVE X
「同盟関係を修復し、再び世界と関わる」ことを約束しているバイデン大統領。新政権でいったい何が変わるのか?
我々は、ブランド・アクティビズムは広く普及しているものであり、パーパスを利益へと変えられると信じている。