キャリア

俳優の水川あさみさんやペ・ドゥナさんらが、監督や作品の登場人物における女性の少なさ、MeTooによる変化などについて話し合った。
「学生の意思に反して就職活動の終了を強要するようなハラスメント的な行為は厳に慎んでほしい」(東大)
女性の生理現象をめぐる課題について、ロリエ担当者への取材をもとに考えてみました。
PRESENTED BY 花王
物流2024問題も人材育成も、解決の糸はウェルビーイングでつながっている【日清食品インタビュー後編】
三井住友海上火災保険が運用中の「育休職場応援手当(祝い金)」。制度を発案した社員に誕生秘話や反響を聞きました。
男性の利用が5倍に増えた「withwork」。上原達也代表にインタビューすると、共働き子育て世帯の転職の現場で起きている「変化」が見えてきました。続報です。
「産後パパ育休」が始まって1年。良い点や改善点を聞いた調査が発表されました。
「サステナブル重視が時代の流れ。でも芸能界だけその視点が抜け落ちてる」。MEGUMIさんは経営者やプロデューサーの立場を経験し「考え方や感性も柔軟になれる」と話します。
最近、知人から「子育てを機に転職した」という連絡をよくもらうようになり、現場を取材してみると…。変化が起きていました。
「私は今40代で、女性の役者は年を重ねると役が減ると実感してきました」。MEGUMIさんは芸能の世界、そして社会全体に対して、ある問題意識を抱いてきたという。