キャリア

人事制度を変えても、社員の意識や組織が変わらないなら、メンバーを変えるしかない?人材開発のプロ、ピョートル・フェリクス・グジバチさんは、メンバーが悪い習慣に戻れないように“背後の橋を燃やす”ことが重要だと言います。その真意は?株式会社 USEN-NEXT HOLDINGSの女性管理職が話を聞きました。
PRESENTED BY USEN-NEXT HOLDINGS
「産休」にあたる産後8週間に限定し、男性が育休取得しやすいように申請期限を短縮したり一時就労を可能とする仕組みを提案している。
コロナ禍の今、在宅で家族と過ごす時間が増え、「いばる夫」にモヤモヤを抱く人は多いのではないだろうか?
「他人のために時間を取られる、ということに今までずいぶん甘んじて流されていたなあ」──ライターの石川香苗子さんが激務の中で見つけた時間との向き合い方。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
性別知って、どうするの?無意識の先入観や固定観念に「気づく」きっかけに。ハフポスト日本版と「LUX Social Damage Care Project」が、ライブ番組を配信します。
PRESENTED BY LUX
「実現すればいいなあという気持ちはあるけど…」。テレワーク化のために、彼らが犠牲にするものとは。
「SHARE SUMMIT 2020」に登壇したIT会社「サイボウズ」青野慶久社長が、在宅勤務中に社員からあがった“悲鳴”について語りました。
また、妊娠や出産の申し出をした労働者に対し、育休取得の働きかけや意向確認などの制度周知を義務化するよう求める提案に対しては、経団連の鈴木重也氏は「取得を強制することと促すことの境界が曖昧」だとして反対した。
日本の残業の震源地ともいえる霞が関。霞が関でデジタル化が進まないことによる5つの問題とは。
原告側は「被告らの行為を許したわけでもなければ、水に流したわけでもない」とのコメントを出している