中国

映像制作を中国企業に発注していました。「ゼロコロナ」政策を緩和した中国では、感染が急拡大しています。
「中国といえば習近平氏の独裁だろう」というイメージを持っていた人も多いだろう。今回の最高指導部人事から見えてくるのは、これまで以上に習氏の権勢が強まり、中国の不透明性が増すという未来だ。
横断幕が掲げられたのは北京市海淀区の四通橋とみられる。現場となった橋には治安要員が配置され、監視に当たっている。
曾穎(そう・えい)さん、32歳。安倍氏銃撃を伝える中国メディアの生中継で言葉を詰まらせ、嗚咽したように見えたことから大バッシングを受けた。「ちょっとだけ優しく、温かい世界」を目指している。
当日の笑顔やお茶目な表情などを収めた写真を一挙にまとめました。
羽生さんは「大家好(皆さんこんにちは)」と中国語で挨拶。中国の伝統楽器・二胡の奏者であるチャンヒナさんとの掛け合いを披露した。
2022年が国交正常化50周年にあたることを「知っている」は32.6%で、「知らなかった」は67.1%と、盛り上がりを欠く現状が浮き彫りなった。
台湾も香港も、水際対策は大幅に緩和される。ただし完全に「コロナ前」とは言えないようだ。
「中国での製造を取りやめるということはなく、あくまで有事の際にも安定供給ができるようにするものだ」と広報担当者は話す