中国

「最大の問題は労働法が守ってくれないこと」
中国政府には「恣意的に自由を奪われた人は直ちに釈放されるべきだ。深刻な侵害が継続、または再発する条件が整っているため、速やかかつ迅速に対処しなければならない」などと求めている
「パスポートを取り上げられ、車でシアヌークビルへ連れて行かれた。詐欺だと気づいたので車を飛び出し逃げた」。別の男性は3ヶ月間ミャンマーに留め置かれ、多額の借金を返済するまで離れることはできないと通告されたという
「ビザ取得に利用される」は制度設計的に不可能。「外国人だけを優遇している」という指摘は事実と異なっている。
白い防護服に身を包んだ担当者が綿棒状の器具で魚の口をこじあけ、内部を繰り返し擦っている。カニの表面を擦るような場面も...
ミサイルが日本のEEZ=排他的経済水域に落下したと推定されることについて「事実であれば、決して受け入れられず、強く抗議する。日中関係の局面が大きく変化することになろう」と反論した。
中国軍で台湾などを管轄する東部戦区は、どこから発射したかは明らかにしていません。
東京大学東洋文化研究所の佐橋亮・准教授は「ペロシ氏の訪台が台湾や台湾海峡の安定にとって何かプラスを生んだのか、説明できない」と批判しています。
バイデン政権は「三権分立」のもと、ペロシ氏の行動を制約できないと説明していたが、中国はこの理屈を受け入れていない
「人民解放軍は絶対に座視せず、必ず断固たる措置をとる」などと警告。アメリカ側は台湾政策に変更ないとしていますが、緊張が高まっています。