chuzetsu

レイプ被害によって妊娠した女性は子供を育てていくか、養子に出すかといった決定を、拘置中の加害者と交渉していく必要がある。
トランプ氏の姿勢は複雑だ。
私は中絶を後悔しているでしょうか。はい、していると思います。もし可能ならその選択を変えるでしょうか。多分変えないでしょう。
多くの無知なコメントを読みました。
世界保健機関(WHO)は毎日約830人の女性や少女が、妊娠や出産の際に避けられるはずの問題が原因で死亡していると算出している。
3度の妊娠、そして家庭でトラブルを抱えた苦労の絶えない人生を送ってきた「偶然活動家になった女性」だった。
反対派は患者に手を触れたり、掴みかかったり、動画や写真を撮影したり、「人殺し」と呼んだりしている。
大規模行進による「大統領に対する抗議デモ」は、米国史上初めてです。しかも、政権発足翌日のデモは異常な事態です。
「中絶を禁止しても中絶の数は減りません」
「私は中絶反対のフェミニスト」