daiba

写真に納まった15人は1年間にわたる過酷なトレーニングを乗り越えたメンバー。驚きの1枚が話題になっている。
子犬は岸から約150メートルほど離れた氷上で、孤立した状態だった。
少年らは救出を待つ間、隊員が持ってきたチェスをするなどして過ごしていた
10日の日本時間正午過ぎから救出活動が再開された。
海の中にも素晴らしい世界が広がっていた!
これまでは、自律型無人潜水機と呼ばれる魚雷のような乗り物にたくさんの電子機器を乗せて海を探査してきた。これらのは相当高価であり、あまりインテリジェンスではない。
巨大なホホジロザメとハイタッチしてみたいと思う人がいるだろうか?