dejitaruneitibu

株式会社CAMPFIREの23歳事業責任者に聞く「Z世代の働き方」
PRESENTED BY DELL
ひと昔前は、多くの情報を持つマスメディアから、情報をあまり持たない一般消費者へというように、情報は「縦の流れ」が主流でした。
今回は「タブレット派」と「紙派」について、それぞれのメリットやデメリットなども紹介していきます。どちらにしようか迷っている方、必見です。
ドローンによって、記者たちは、これまでとはまったく違う切り口で、世界を観察できる。
7月に入ると、中国では大学の新卒者が新社会人として働き始める。中国の大学は6月が卒業の季節なのだが、本年の卒業者数は昨年より22万人増え、過去最多の749万人となった。
中国の40歳代の友人は会うたびに車が変わる。彼らの世代では、ブランド力と品質を兼ね備えた、海外のトップメーカーの車に乗ることが最高のステータスであるようだ。一方、その下の世代の20~30歳代では、様相が異なる。
アメリカの大学生は、授業中や、シャワーを浴びている間、さらにはセックスをしている時でさえ、携帯でメッセージの送受信をしているという。ただし、それが不適切な行為であることは認識しているようだ。
企業は毎年のように就活生に向けて「われわれは採用選考時にコミュニケーション能力を重視していますよ」とコミュニケーション能力を身につけるよう要求しています。
このブログでは、海外を中心としたメディアの動向をほぼ週1回のペースでまとめてきた。前身となったブログは2009年春にスタートしており、もうすぐ足かけ丸6年になる。
欧米の若い世代はスノーデン氏の暴露を支持しているのだ。ワシントンポストが実施した世論調査によると、アメリカの30歳以上の大人の57%は「スノーデン氏の罪を問うべきだ」としているが、これは30代以下の若者ではわずか35%という数字だ。
「デジタルネイティブ」とも呼ばれる大学生たちにとっては、せっかく都会で一人暮らしを始めても、過去のつながりでがんじがらめだ。「無縁」の世界を取り戻すためには、何が必要なのだろうか。
「デジタルネイティブ」の子どもたちは、ITの使いこなしにたけている。そしてネット上のプライバシーには無頓着で、ソーシャルメディア中毒になっている――。
初めにお断りですが、私はかなり新しいテクノロジーにはオープンな方です。ブログを始めたのはかなり早いし、TwitterもFacebookも早かったと思う。 「近頃の若いもんは〜」と言うタイプでもない。そんな私でも「これはまずい」と反省する出来事があったので記録がてら。
1歳児の74%、2歳児の85%がスマートフォンを利用していることが明らかになった。約6割の子供がYouTubeなどの動画を楽しんでいるという。
近年、スマートフォンやタブレット端末を親子で使用する機会は増えている。こうした状況を受け、長時間にわたる使用は健全な子供の成長を妨げるとして、日本小児科学会が「スマホで子守をさせないで」との呼びかけを始めた。しかし、日々の子育ての中、子供がぐずったり、手が離せない時など、親にとって使用せざるを得ない場面は少なくない。どうしたら、バランス良い付き合いができるのか。何気なく選んでいる知育アプリがどのように開発されているのか。口コミなどで人気が広がり、2年間で13本の知育アプリが500万以上ダウンロードされたベンチャー(東京都品川区)を訪ねた。