発達障害と生きる

勉強もできない。運動もできない。友達もできない。とにかくいじめられっこだった小学生時代…。そんなADHDの私が見つけた、自分に合ったライフスタイル。
職場で感じる生きづらさから楽になるための工夫が詰まった1冊『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』。自身も会社員時代まともに会議資料もつくれず、フリーライターの道を選んだという姫野桂さんが、著者である小鳥遊さんとF太さんのお二人に話を聞きました。
「味」よりも「コスパよく酔える」お酒を、長い時には7時間飲み続ける。外出自粛中の寂しさやストレスで、大好きなお酒の飲み方が変わってしまったライター・姫野桂さんによる「減酒」の体験記です。
不安な日々が続くなか、発達障害の特性による生きづらさやストレスから、摂食障害など二次障害を抱え、戦っている人たちがいる。発達障害当事者であり、当事者取材をするライター・姫野桂さんによる寄稿です。
「カサンドラ症候群」という言葉をご存じだろうか。自閉スペクトラム症のパートナーを持つ人が夫婦関係に悩み、周囲から理解されないことを、こう呼ぶことがある。この言葉に救われた僕と妻の話。
一見しただけではわかりづらい「障害」が、伝わりやすく表現されたCM『見えない障害と生きる。』。制作者の東海テレビ・桑山知之さん、CMにも登場する当事者のラッパー・GOMESSさん2人が語る、その意図や思いとは━━。
すぐに、発達障害なるものの情報を調べ漁った。当時の日記には「思い当たる節がありすぎて、ゾッとする。怖い」と記されている。
多くの知性派は世界を憂いている。  一体なぜ、ここまで事実が積み上がっているのに、あるいは事実は確固としてあるのに、彼らの意見は変わらないままなのだろうか、と。
新聞記事の見出しになるような社会問題だって、実のところ、すでに自分ごとだったりする。話題の2冊『ほんのちょっと当事者』と『発達障害グレーゾーン』の作者が語り合ったら、「生きやすくなる社会」のヒントがあった。
多様な子どもたちが、地域の学校に「ふつう」に通えるように。
「学校のあたりまえを変えるとき」子どもたちは、学校の “ふつう”に縛られて苦しんでいる
本来、watchOS 6のノイズアプリは、周囲の騒音で聴覚を損なう恐れがある時、感知して知らせてくれるものだという。
“障害”はトレーニングで治るものではありません。「治す」のではなく、子どもの生活を「ラクにする」ことを考えてみてください。
ニューヨークの国連本部で行った演説が大きな反響を呼んでいるグレタ・トゥーンベリさん。アスペルガー症候群であることを公表している彼女は、「アスペルガーであることは才能です」と話す。
客室乗務員は私を睨みつけて「なんて失礼な態度なんでしょう」と言った
福祉や教育の分野で事業を展開するキズキグループ代表の安田祐輔さん。自らの事業の信念を、「他人と比較することで苦しみを感じる人を減らすこと」「人間の自尊心を守ること」だと話す。
発達障害を社会に発信する若者の団体、BeU。発達障害の当事者でもあるメンバーが語る「発達障害の人がより生きやすい社会とは」
メッセージは「世界自閉症啓発月間」に合わせて発信された
地球温暖化対策を訴えて起こした「スクールストライキ」が、世界なムーブメントを起こしているグレタ・トゥーンベリさん。アスペルガー症候群であることを公表している彼女は、「アスペルガーであることは才能です」と話す。
参入の背景にあるのは、一筋縄には進まないADHD治療の難しさだ。