dipuraningu

議論すべきポイントは、AI美空ひばりが「アリ」か「ナシ」か、ではなく、今後のテクノロジーの進展によって我々の「死生観」はどう変わるのか、その変化の良し悪しであろう。
丑三つ時に、枕元に立つ一つの影。頬に伝わる生ぬるい感触。目を開くとそこには…んぎゃ~~~!!!🐭
AIの可能性と危険性をめぐる議論が、常に新しいテクノロジーの最前線の現場となる"ポルノ"を舞台に、動き出している。
これからの100年間は人工知能のない世界は考えられない。
人工知能技術の急速な進展によって、人の価値観や社会のあり方が変わることへの不安は大きい。
スマートフォンで撮ったふつうの写真に巧妙なコンピュータービジョン技術を適用して、蜂群に危険な害虫の兆候を見つける。
極端な話をすれば、子供たちがネットやコンピューターに圧倒的に触れていないという日本の現状は、旧ソ連崩壊を連想させるほど危ういものに見える。
基盤となる技術はすでにできている。あとは市場のニーズを把握し、どう製品化するかが問題です。
マーケティングと人工知能の歴史をひも解き、関連性に着目します。