doron

生身のライフガードが急行するより少なくとも数分早かったという。
ドローン撮影会社が被害農家らに無料で画像提供を始めた
※写真提供:株式会社エクサイジングジャパン 北田 xyZing.innovation(翼彩創新科技(深圳)有限公司)CEOの川ノ上和文さんが、寿命100時代のキャリアを高める"戦略的ワーホリ論"について語る連載の第2回。 第1回:自分の市場
イノベーションは下から来ることに注意せよ。
形も動きも“生き物”のようにしか見えない多脚ロボット
オーストラリアに大量のコカインを密輸しようとしたとして、同国の警察当局はオーストラリア人ら計7人を逮捕した。密輸グループはドローンを使って警察を監視していたという。
世界各地でイスラム過激派によるテロが相次いでいるなか、日本人はイスラム教とどう向き合ったらいいのか。ハフポスト日本版は、現代イスラム研究センター理事長の宮田律さんに聞いた。
ポルトガルのサッカー公式戦「タッサ・デ・ポルトガル」で、審判へのサッカーボールの渡し方が「未来感あふれすぎ」「なんて斬新なんだ」と世界中で話題になっている。
見事に成功した初飛行は2人乗りの機体でしたが、現在「Lilium」は5人乗りの機体も開発中。
スイス連邦民間航空局がMatternetに、同社の配達ドローンが昼夜を問わずいつでも、都市の上空を自律飛行してもよい、と認可した。
ヤマト運輸は、宅配便の配達時間帯指定枠のうち「正午〜14時」を6月に廃止します。また当日の再配達受付の締め切り時刻も、4月24日より最大で1時間20分早めます。
地震や津波で壊れたわけではないのに、震災から6年近く経った今、自宅を壊さなくてはいけなくなった人がいる…
最近では、ドローンに手榴弾サイズの爆弾を持たせて、相手の近くで投下する機構を備えたドローンが確認されるようになってきたとのこと。
DJIは2016年にスウェーデンを代表するカメラメーカー、ハッセルブラッドの少数株主になり、ハイエンドのドローン・カメラの分野で協力していくことを発表した。