eigakan

新型コロナによるロックダウンは、エンタテインメント業界にも大きな影響を与えた。弁護士のライアン・ゴールドスティンさんが、アメリカのエンタテインメントビジネスがどのように様変わりしたか、法的観点を交えて解説します。
俳優兼監督、映画好きで知られる斎藤工さん。コロナ禍の経営で苦しむ名古屋の映画館「シネマスコーレ」をサポートし、反響を呼んでいます。
全興連は声明で「多くの映画が中止や延期の判断に追い込まれつつあります」と苦境を打ち明けています。
緊急事態宣言下の都市では多くの映画館が休業中だ。声明では今後、「一定の制限下の元で緊急事態宣言下でも営業を続ける陳情をして参ります」と発表した。
度重なる公開延期の末の決定。ディズニーのCEOは劇場公開からネット配信への切り替えは「一回限り」だと強調。
署名活動「SAVE the CINEMA」や、3億円以上の支援が集まった「ミニシアターエイド基金」。発起人らは関係省庁や政治家との意見交換にも尽力しました。活動の軌跡を振り返ります。
素晴らしい映画が世の中に存在する一方で、作品が人々に投げかける自由な言葉とは裏腹に、そこに携わる人々を取り巻く状況があまりにも抑圧されたものになっている。
将来の映画鑑賞のために、今チケットを購入する「未来チケット」。複数の劇場が導入をスタートしました。