enyasu

日米の株価が好調だ。円安の後押しもあって日経平均が米ダウ平均を上回る可能性も出てきた。しかし、日米ともに実力より少し高値圏にある。
では、改めて家計にとってデフレとは何だったのか。それはCPIの伸び幅でも、円相場の水準でも、株価でもない。
アベノミクスが発動し2年がたち、その政策の光だけでなく影の部分もクローズアップされるようになってきた。
(現在の円ドル水準はかなりの円安、120円超えで円買い介入は現実味)為替市場で久々に介入、しかも円買い介入を意識しなければならない局面に来ている。
今回はこの「時間効果」アノマリーから超過収益が得られるのかどうかについて検証してみたい。
「アベノミクス解散」で国民の信を問うという。なんとも不可解なロジックだが、賽は投げられたのだから堂々と受けて立つ。
この円安方向の動きはどの時間帯でも均一に起きていたのであろうか。または円安になりやすい時間帯があったのであろうか。過去データを用いて実際に検証しながら振り返ってみたい。
経済活動を行うのは企業や個人の民間経済主体です。個々に生産性を上げて、経済のイノベーションを図ることが重要です。
 今、真剣に移民政策を議論しないで、外国人を受け入れていけば、間違いなく「なし崩し」で移民が常態化するに違いない。だが、これは1970年代にドイツが直面した問題を日本でも繰り返すことになる。
韓国政府高官は2日、円安で打撃を受けている国内輸入業者の支援と株式市場活性化のための措置を近く発表する方針を明らかにした。