enzai

40年あまりにわたって無実を訴える大崎事件。再審無罪を目指し闘ってきた原口アヤ子さんは6月に94歳に。4回目の再審請求が始まっているが、背水の陣で弁護団が臨む今回は、「文字を空間に起こす作業」で供述などの矛盾点を明らかにした。
堅牢な制度との戦いーー。鴨志田弁護士の心にはいつも、「あたいはやっちょらん」と40年あまり訴え続けている原口アヤ子さんがいる。毎日、落ちていく命の砂時計を見ながら「一日でも早く」と再審無罪をめざす。
20歳から29年間、自分がやってもいない殺人の罪で囚われの身だった桜井昌司さんの言葉には、コロナ禍を乗り切るためのヒントが詰まっている。
準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医の控訴審で、7月13日、東京高裁は医師に対して逆転有罪(懲役2年)の判決を出した。判決について被害者側弁護士が解説する。
あなたは死刑制度に賛成だろうか、それとも反対だろうか。
数々の冤罪事件についての反省もなく、今、ゴリ押しされている共謀罪=テロ等準備罪。
電車内や駅で痴漢をとがめられた男性が逃走する事案が相次いでおり、中にはホームに飛び降りたり、ビルから転落したりして死亡するケースに発展している。
「意図的な虚偽供述の疑い」がある事件で、「証人テスト」による「信用性の作出」を排除した証人尋問が行われる必要があるが、そのためには...
八田氏の事件では、検察官控訴を慎重に判断する検察内部における慣例も、平成24年最高裁判例による制約も、完全に無視された。