ESG投資

Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftは環境問題にどのように取り組んでいる? 各社の施策をまとめつつ、背景にある流れを夫馬賢治さんに解説してもらいました。
「TOPIX100の企業で、2030年までに女性役員比率を30%に」という目標を掲げる30%クラブジャパン。目標達成への自信を見せる創設者の只松美智子氏に聞いた。
2020年末に政府が発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」。ESGの専門家・夫馬賢治さんは、「読めば読むほど驚きの内容になっている」という。
渋沢栄一が残した名著「論語と算盤」にはSDGsと通ずる思想がある。一人一人のお金の使い方を「Me」から「We」へ変われば、社会を変える大きな力となる。
「環境・社会課題に配慮することは、企業にとって利益になるの?」ESG投資のプロ、夫馬賢治さんに聞いてみました。
「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を、最近よく耳にするようになった人も多いのではないでしょうか。SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、国際社会が2016年から2030年までに達成すべき17の目標です。SDGsの報道に力を入れてきたハフポスト日本版が、「SDGsとは何か?」「SDGsバッジ」「日本企業の取り組み」「ESG投資」など、わかりやすく解説します。
環境問題と経済成長は「両立」するのか? SDGsをキーワードに、ESG投資の専門家、NPO、企業、それぞれの立場と本音は…?
DHC広報部は16日午後6時ごろメールで回答。「ご依頼いただいた取材の件に関しまして、回答することは特にございません」とした。
企業が本業の「片手間」で社会貢献活動をする時代は終わりました。あなたの会社は大丈夫?