ドゥテルテ大統領があれほどの過激な活動をしなければ改善できないほどの腐敗した現実があるのかもしれない。それは一体どのような状況なのか。
日本人監督が、なぜフィリピンの子どもを見つめようと思ったのか?
頼れるセーフティネットは家族だけという現実をも、この映画は忠実に描いている。
インドネシアのジョコ大統領は、麻薬密輸の容疑者が身柄拘束の際に抵抗した場合は「躊躇なく発砲し射殺せよ」との指示を出した。
この言葉をもらって初めて、僕は決心することができた。
ここにきて出身のミンダナオ島で激化するイスラム武装勢力との戦闘が胸突き八丁を迎えているが、国内では8割近い支持率を維持している。
武装勢力側が市民を盾にしているからだと国軍は弁明する。それにしても、である。
過激派組織「IS(イスラム国)」に忠誠を誓う武装勢力「マウテ」などが、フィリピン南部のミンダナオ島マラウィ市でフィリピン軍との戦闘を続けている。
「外国人」対「日本人」に分断された相撲界の修復が期待された中、流星の如く現れたのは他でもない大関高安であった。
漫画家でタレントのやくみつる氏が29日放送のフジテレビ系「みんなのニュース」に出演し、高安関と元AKB48の秋元才加の恋愛を後押しした。