fujiiyondan

公式戦でタイトル保持者に勝利したのは初めて
「もう今、炎上自体を信じてないの。炎上をニュースにしてる自体ダサイと思うんだよね、もうすでに」
「この先の勝ち星も敗戦も、そのすべてを御自身の力にかえて人々のこころに感動を与える棋譜を数多く紡いでほしいと願います」
史上最年少で中学生プロ棋士の藤井聡太四段(14)が7月2日、「第30期竜王戦」決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、デビュー戦以来初の黒星を喫した。公式戦の連勝記録は「29」でストップした。
藤井聡太四段が7月2日、史上初の公式戦30連勝を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント2回戦に臨む。
羽生善治氏の妻もスポーツ分野などで活躍する若者の名前を挙げ、「中高生の活躍を温かく励まし見守り育てる成熟した大人の社会が、日本を発展させる」と冷静にコメント。
デビュー以来負けなしで、前人未到の「公式戦29連勝」を成し遂げた藤井聡太四段に対し、将棋界からはその偉業をたたえる声が続々とあがった。
前人未到の公式戦29連勝を達成した将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)が6月26日、東京都渋谷区の将棋会館で、記者会見に臨んだ。
史上最年少で中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で開かれた「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしで「公式戦29連勝」を達成した。
この日、将棋ファンの間では、藤井四段が夕食でも麺類を注文するかどうか、注目が集まっていた。