fukushimadaiichigenpatsu

「福島民友」の記者からの質問に、TOKIOの4人が語ったことは…
「福島原発事故は、この母なる故郷を永遠に奪い去った」避難指示解除後の現実に、渡辺さんの苦悩と憤りは癒やされぬままだ。
DASH村から4キロ。福島県葛尾村でなぜ告知を最小限に絞ったイベントが行われたのか…
大熊は今後も町として残って欲しいと思います。自宅を諦めた今、町が「私が大熊の人間であった」という証なのです。
「原発は安全が前提ではない。機械は万能ではない」という冷静な認識、覚悟が必要だと感じています。
福島第一原発の事故はスロバキアにも大きな影響を与えました。
6月下旬に発足する東京電力ホールディングス(HD)の「新体制」が決まった。
福島第一原発の事故などで福島県から避難した子供のなかには、「お前らのせいで原発が爆発したんだ」「放射能がつくから近づくな」などと言われた小学生がいた。
4月1日、新しい年度が始まるこの時期、原発事故で避難指示が出ている地域にも様々な動きがあった。