fukushimadaiichigenpatsu

映画『Fukushima 50』で福島第一原発所長だった吉田昌郎氏を演じる渡辺謙さん。これまでもダボス会議でのスピーチや、気仙沼にカフェをオープンにするなど、復興支援に力を入れてきた。
福島で放出された処理水「だけ」を問題にするということであれば、それは取りも直さず福島に対する差別だと思う。
菅義偉官房長官は「科学的根拠に基づいた正確な情報を国際社会に丁寧に説明していくとともに、韓国側に対しては冷静で賢明な対応を強く求めていきたい」と語った。
「自分の町がなくなることへの話が聞きたい」と呼びかたが、批判の声が相次いだ。
事前のダブルチェックはしていたが、「配慮不足だった」と説明
海の汚染のため操業自粛を強いられた仲間を引っ張り、再生の希望を懸けた「試験操業」を進めてきた。
地元の人々が恐れるのは、「風評払拭が振り出しに戻った」と報じられた5年前の夏の悪夢だ。
「小沢さんとは味方になったり、敵になったりしてきた。権力闘争の世界では珍しいことではない」
「一読して、誰の手記からどう取ったかかすぐにわかった。被災者の言葉に対する敬意を欠いている」