fukushimadaiichigenpatsujiko

住民側は時間や費用がかかる裁判に訴えるしかなく、反発を強めている。
「福島民友」の記者からの質問に、TOKIOの4人が語ったことは…
日本の精神科診療の歴史的背景も踏まえた上で、震災後に始まったマッチング事業を介して福島県の精神科医療の現状をお伝えしたいと考えています。
福島の人たちを「避難民」と記すことができないのなら、海外の方たちにも同様の姿勢で臨むべきだ。
高線量の学校に子どもたちが通い始める。自治体はなんのアクションもしない。それどころか、市の広報で市長は「何も心配ない、大丈夫」と繰り返す。
2016年7月に避難指示が解除された福島県南相馬市小高区の魅力を伝えるため、地元の高校生たちが郷土のPRアニメを制作している。
福島第一原発2号機の格納容器の内部をカメラで確認する調査が1月30日に実施された結果、圧力容器の真下の作業用の床に、黒い堆積物が見つかった。
福島の人々の息遣いを生々しく伝えている。
「DASH村の再生はきっと復興を後押ししてくれるはず」
2015年にノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシエービッチさん(68)が11月28日、東京外国語大学(府中市)で講演した。